• スープスプーン サラダフォーク ヒメフォーク シュガーレードル バターナイフ コーヒースプーン ティースプーン デザートスプーン デザートフォーク(4本刃) デザートフォーク デザートナイフ

黒柄カトラリー♯2250

当時佐藤商事の当時の開発部長だった秋元氏より「東南アジアなどで模倣品が出回っている、それで絶対にどこからも真似されない真似出来ないデザインをお願いしたい」と依頼されたことからデザインが始まりました。最初はステンレス本体の柄を積層材でサンドイッチするアイデアでしたが、それはある部分どこでもやっている工法でもあったことから、無理を承知で積層材そのものを柄にするアイデアを提示します。ステンレス本体の厚みの変化や柄部の積層材との接合加工等多くの課題があるものの、その斬新なデザインは工場の人々を魅了し、前向きに捉えてくれた工場の技術者や職人たちと繰り返し試行錯誤してつくっていきました。時には無理難題を提起することもありましたが、双方新たなことに取り組んでいく積極的な姿勢が創造を生み出し、課題の解決へ繋がっていきました。そして、ステンレスの皿部と積層材の柄部の継ぎ目は、一体の形状であるかのように段差がなく流れるような美しい形となりました。しかし、硬いステンレスと軟らかい木をひと続きの柄として滑らかに磨きあげるには、高い技術をもったわずかな職人にしかできない仕事であったことから、量産が難しく非常に高価なモノになってしまいました。

この黒柄カトラリー、従来の薄いステンレス板から出来たカトラリーとは口に入れた感触がまるで違います。皿部は鍛造という加熱した金属を何度もたたいて形作る製造方法を用いて、少しずつ厚みを変えることで口当たりの良さを追求しました。また、先端の皿部と持ち手の柄部の絶妙な重さのバランスが丁度よく手に馴染み、料理を口に運ぶ具合がとても心地良いものとなりました。和洋中問わずどんな料理にも相性よく使えるデザインです。

(写真提供: 佐藤商事)