• ダイニングチェア 天童木工版
  • ダイニングチェア 飛騨産業版
  • アームチェア(1978) 天童木工版
  • アームチェア(1978) 飛騨産業版
  • アームチェア(1978) 飛騨産業版
  • カウンターチェア
  • カウンターチェア

柳チェアシリーズ

ダイニングチェア(1972):当初、秋田木工社の曲木技術を用いて成形した背板・背と座の繋ぎ・座(枠)の3つのパーツに脚を組み合わせてできた形状でした。しかし最初の試作の後、強度面に課題があり大きく変更を余儀なくされます。そこで、製造方法を天童木工社の成形合板技術に変更し、デザインし直し、このチェアになりました。
その後BC工房に受け継がれ、現在は曲木技術を使い飛騨産業で復刻製造されています。
Size/W380×D445×H655×SH400mm

アームチェア(1978):当初は天童木工にて成形合板技術を生かした「ダイニングチェア」のひじ掛けタイプ(アームチェア)としてデザインしたのですが、実際は背の部分含め成形合板を使った箇所が少なく量産に向かない椅子でした。それでも、この椅子の大の特徴の一つでもある肘掛けから背に繋がる接合部分のフィンガージョイントは力強さと安定感を生み出しました。
その後BC工房に受け継がれ、現在は曲木技術を使い飛騨産業で復刻製造されています。この飛騨産業のアームチェア、肘から背に繋がる部分を1枚板の曲げ木で製作されています。飛騨の職人達の高い技術とデザインに対する理解がもの作りに反映された結果、柳デザインの特徴でもある柔かく流れるような曲線が余すことなく活かされた椅子がここに生まれました。ハンス・ウェグナーの「ザ・チェア」に因んで、ある方が「柳チェア」と名付けたこの椅子、もともと曲木技術を応用することから始まったデザインは、ようやくここに身を置くことができました。
Size/W540×D500×H680×SH395mm

カウンターチェア(2018):飛驒産業で製作しているダイニングチェアをもとに、YANAGI DESIGN OFFICEによってデザインされました。
チェアの座り心地はそのままに座高を高くし、現代の暮らしに合う椅子として誕生しました。脚部の構造は極力「樌」を少なくし、すっきりとした見た目になるよう心掛け、その分強度をもたせるために座板と脚の付け根の構造や背の取り付け等の工夫をしています。
Size/W415×D490×H860×SH605mm

(写真提供: 飛騨産業)