シェルチェアシリーズ

この椅子は最初から椅子を作りたい、と作り始めたものではありません。紙で手遊びをする中で、「紙を折り曲げくるっと輪を作る」というアイデアが発展し形になったものです。スケッチがわりにラフに平面の紙に切り込みを入れそれを曲げて立体にしていく、それを何度もくり返し行うことで一つの可能性が探り出されました。
その後柳は背と座を一体成型することで、薄くても丈夫でかつ柔軟性のある合板のしなりが座り心地を良くするはずだと、天童木工社にその模型を持ち込み双方で検討を重ねました。一体成形によるこのシェルチェアは、座面の中心で6枚の単板を少しずつずらしながら、ぴったりと合うように調整するという、天童木工社の高い技術力により成り立っています。また背もたれの「穴」は柳の複雑な曲面を成形したときに出る「しわ」の逃げ道として機能しており、穴の上に切り込みを入れることでその部分の合板を後ろ側に押し曲げて腰の当たりを良くする効果を生んでいます。椅子を持ち運ぶ際には手持ち部分にもなるなど、この穴はこのシェルチェアにはかかせない重要な役割を果たしています。

テーブルは以前1969年にコトブキ社でデザインしたものを、現代の生活環境に合わせリデザインしたものです。コトブキではは天板がメラミン化粧板タイプでしたが、シェルチェアの表面材に合わせてサペリタイプも加つくられています。

(写真提供: 天童木工)