• サイドテーブル
  • サイドチェア

サイドチェアシリーズ

当時、イームズのシェルチェアなどFRPでつくられた椅子の多くは、外周の縁を裏側に折り返すことで強度を出すのが一般的でした。だが、柳はできるだけスッキリとシャープにさせたいとの思いから、折り返しを使わず、この椅子の特徴の一つでもある座の後ろ(お尻)側のふくらみによって、シェルの強度を上げました。
このシリーズには、シェル部分に、前面パッド(張り地)を設けたタイプ、座面のみ、そして全面パッド無しのタイプが用意されました。また、脚部も、スタッキング可能な椅子、単体で使用するサイドチェア、そしてキャスター付きタイプが用意され、使用する状況に合わせ配慮したデザインでした。