• 共和ゴム版
  • KOKUYO版(2020)

ロータリーテープディスペンサー

このデザイン、1963年に、初期型に改良を加えてリデザインされたものです。主に業務用としてデザインされ、多人数で使用する際に方向を一回一回変えるために重たいディスペンサーを一々持ち上げている光景を目にして、これを回転してみたらどうかと思った事がきっかけでした。ただ、テープは水車のように垂直方向に回転する、一方ベースの部分は石臼のように水平方向に回転。この垂直と水平の全く異なる2つの動作をどのように造形的にまとめるかが苦労したところでもありました。また、カッター刃の先端も単にテープを引き下げる(従来はひねりながら引き下げる)だけで切断できるよう山型になっています(実用新案取得)。造形的にもユニークな形状をしているこの「ロータリーディスペンサー」は、ニューヨーク近代美術館の永久コレクションになっています。

そして2020年にYANAGI DESIGN OFFICEがデザイン監修、KOKUYOが製造し、60年のときを経て復刻しました。
弊会所蔵のオリジナルのロータリーディスペンサーを3Dスキャナーで形をデータ化し、忠実に作り上げていきました。
軽い切れ味とテープの切り口がまっすぐなコクヨオリジナルの刃を採用し、360度回転するロータリーの耐久性を確保する設計にすることで、使い勝手がアップグレードされています。

(写真提供: KOKUYO)