• コトブキ FRP版
  • 現行品ホワイト
  • 現行品ブラック 

エレファントスツール

柳のアトリエで使う為の丈夫で安定性のある工作用椅子として1954年にデザインされました。狭いアトリエでも使いやすいように、軽量かつコンパクトで積み重ねられるデザインとなっています。チャールズ&レイ・イームズデザインの「シェルチェア」にも使われたF R P(Fiber Reinforced Plastics)というガラス繊維で補強したプラスチックを使う事で、三本脚の安定感ある柔らかな曲線のデザインが可能となった。1956年「第1回柳工業デザイン研究会展」(銀座松屋)に出品、それを見た当時のコトブキ社の常務・土屋氏が「是非、うちで作らせて欲しい」と懇願したことが、その後コトブキ社とのモノ作りが始まるきっかけとなりました。後に、大きさがやや小さいということで、3cm程高くした大サイズをデザインしました。そのデザインが基となり、2004年にVitra〈ヴィトラ〉社(スイス)より、材料をFRPからPP(ポリプロピレン樹脂)に替えて復刻されました。

(写真提供: Vitra)