• スツール
  • ティーテーブル
  • 飛騨産業版

紋次郎シリーズ

伝統ある小田原の木地挽きろくろ技術を用いて出来る形状ということでスタートしたこのデザインは、ケヤキ寄木のブロックから削りだし作られました。ただ量産することが非常に難しいことから、その後天童木工、BC工房と転々とし、そして現在は飛騨産業でろくろ挽き技術を使い作り続けています。
この名前は、座面の形がその当時放送されていたテレビドラマの主人公が付けていた笠に似ていたことから、いつしか“紋次郎“と柳事務所のスタッフが呼び始めたものが定着しました。

(写真提供: 飛騨産業)

販売元 : 飛騨産業