柳宗理/インダストリアル・デザイナー (1915~2011)

柳宗理は日本を代表するデザイナーです。
柳がデザインを始めた当初、戦後の日本ではデザインという言葉も一般に知られておらず、世の中は経済成長に伴い安くつくれて質の悪いものが多く出回っていました。
柳はそのような商業主義に偏ったものや、流行に左右されるものを否定し、製品における機能や素材等の諸要素をふまえた上で、質の高いデザインをすることを理念に活動をしてきました。

柳宗理略年譜

1915
6月29日、東京市原宿にて柳宗悦、兼子夫妻の第一子としてうまれる
1935
東京美術学校西洋画科入学
1940
東京美術学校西洋画科卒業後、社団法人日本輸出工藝連合会嘱託となる
シャルロット・ぺリアンの日本視察に同行
1941
ぺリアン企画による展覧会「選択・伝統・創造」(高島屋、東京・大阪)に協力
1942
坂倉準三建築研究所研究員となる(〜1945)
1943
陸軍報道部宣伝班員としてフィリピンに渡る(1945年に同地にて敗戦収容)
1946
フィリピンより帰国したのち、工業デザインの研究に着手
1950
柳インダストリアルデザイン研究所を開設
1952
第一回新日本工業デザインコンクール(現:毎日ID賞)に出品した「レコードプレーヤー」が第一席を獲得、ほかに「真空管パッケージのディスプレイ」が入選を果たす
日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)設立に参加
1953
4月30日 財団法人柳工業デザイン研究会を設立
女子美術大学講師に就任(1967年辞任)
国際デザイン協会(現・日本デザインコミッティー)会員となる(〜1980年)
1954
金沢美術工芸短期大学において講義
1955
金沢美術工芸大学産業美術学科教授に就任(〜1967年、翌年より非常勤となる)
1956
第6回アスペン国際デザイン会議にスピーカーとして出席
1957
第11回ミラノ・トリエンナーレに招待出品、インダストリアル・デザイン金賞受賞
1960
世界デザイン会議(東京)に実行委員、スピーカーとして出席
1961
カッセル・シューレ・デザイン専門学校(独)教授に招聘
1964
東京オリンピックのデザインポリシーに積極的に参加
1966
国際デザイン会議(フィンランド)に日本代表として出席
1972
国際ペンクラブ会議(京都)において「デザインと日本の伝統」講演
1977
日本民藝館館長に就任(〜2006年)
1978
日本民藝協会会長(〜2003年)、大阪日本民芸館館長(〜2011年)に就任
1981
紫綬褒章受章
1983
ボンベイ工科大学(インド)・デザインセンター教授に招聘
1987
旭日小綬章受章
1992
沖縄県立芸術大学非常勤講師に就任(1994年より客員教授)
国井喜太郎産業工芸賞受賞
1997
金沢美術工芸大学特別客員教授に就任
2002
文化功労者として顕彰される
2008
英国王立芸術協会よりロイヤルデザイナー・フォー・インダストリー(Hon RDI)の称号を授与される
2011
12月25日逝去(享年96)
正四位・旭日重光章受章